AirPods Maxを買ってみた!

在庫の薄いApple製品は、Apple Storeアプリで午前中チェックすると店舗在庫が復活する時がある。大晦日にボーッと眺めていたらAirPods Max(※以降Maxと記述)シルバーの在庫が復活していることを確認。即購入をしてみた。

感想自体は上のツイート通りなのだけど、もう少し詳しく書くと、ドライバが大きいなりに全音域に余裕があるAirPods Pro(以降Proと記述)、な感じ。かといって低域がパワフルな感じでもないし中域が特徴がある感じでもない。強いて言えば高音域が少し響くくらいか。余裕があるので、低域バリバリなEDMはちゃんとそれなりに響くし、ストリングス系のトリオとか聞くと弦の音がちゃんと気持ちいい。

ただ、僕自身が基本イヤフォンばかりであまりヘッドフォンを使ってこなかったせいもあって、常用しているProと比べるとそもそも良く聞こえる感じ。もう一つ常用しているJabra elite85tは、イヤフォンのわりに低域が結構強くて全域も結構響く上にイコライザで補正できるので音質を求めるときはこれで事足りる。

なので、本来このMaxは買わなくてもよかったんだけど、BluetoothイヤフォンはMacと繋げるとどれもことごとくプツプツ切れてしまうことがあって割とストレスがあったのと、会議などで使った場合に帰り道ではバッテリー切れになってる、みたいなこともあって、仕事メインで使うならいいかも、という期待もあった。

そういう意味ではMacとの接続でもほとんど切れないし、目的は満たしてる。ただ、ノイキャンは効きが強い代償としてホワイトノイズも強くて耳に圧迫感があるから個人的には苦手な部類。なので外音取り込みベースで使用している。このあたりはアップデートでどうにかしてほしいところ。

こうしてみるとあまりメリットがなさそうだけど、基本の音はいいし、iPadで映画を観る人には唯一無二の空間オーディオ体験ができるし、冬場は耳当て代わりになるし(?)で、6万強が痛くない人には所有欲も満たしてくれるしでおすすめ。逆にいうとそれ以外の人にはおすすめできない、かも。

あと、もう1点だけ注意として、シルバーを買うと耳当て部分が早々に汚れてくるので色選びは慎重に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です