BetaflightでOSDのカスタム画像(Custom Image)を設定したい

起動時によくみるBetaflightの蜂マークとBetaflightの文字で構成された画像。これにコールサインを表示させることでコールサイン告知義務?(10分に1度とかどうとか)をまかなっている人がいるらしい。

これは真似するしかない。ということで早速作ってみた。

機体起動時に問題になるのは、VTXの使用周波数が被ってしまった時。なので、すぐに誰が起動したのかわかるように、キャラクター、名前、コールサインを表示するようにした。
名前とコールサインの背景が実風景に乗ると見づらいので、白背景を敷いた。
カスタム画像を作る際の決まりごとは概ね3つ。

  • 画像サイズは横288ピクセル、横72ピクセルで作る
  • 色は3色のみ。白#FFFFFF、黒#000000、緑#00FF00(※透過させたい範囲を緑で表現)
  • ファイル形式は、とりあえずはPNG形式(8bit、アルファチャンネルなし)

これをBetaflightのOSDタブの右下、フォントマネージャーボタンを押してカスタム画像アップロードからアップロードすると勝手にBetaflightが再起動する。ので、実機で確認。

ただ、手元のUR65、UK65、Beta65pro2、CINECAN 4Kは反映されたけど、GEP-CXは反映されなかった。まだ理由を探りきれてないのでわかり次第追記予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です